BEFOREAFTER入社してから

品質保証・品質管理 品質テクニカルサービス

品質保証・品質管理

社員写真

今までの職務経験について

業界は違うのですが、以前までは、食品メーカーにいました。
職種としては、シーズ探索をするような基礎研究を行っていました。

入社してからの仕事について

入社は2013年4月の入社です。
現在は品質試験に関する部署に勤務しています。
この部署の主な業務は分析です。具体的には、既に発売された製品の改良を分析の面からサポートしています。HPLC(高速液体クロマトグラフィー)・GC(ガスクロマトグラフィ)などを使用する分析が多く、HPLCについては以前の職場でも日常的に使っていたので、使い慣れています。

社員写真

知識・経験について

私の場合、2つ方法があります。一つは外部セミナーに参加すること、もう一つは、海外の他の拠点から来日しているテバの技術者から直接学ぶことです。
現在、自部署では外部セミナーに行くことを奨励しています。私のチームは、専門性の高い技術を学ぶ必要がより高く求められる部署ですので、メンバーには自分の業務に関係するような外部セミナーに積極的に参加してくださいと依頼をしています。そのセミナーに参加して得た成果はチーム内で共有しています。
海外の拠点から期間限定で日本に来ていた技術者がいました。この機会に私の方から技術講習を開いてほしいと依頼して開催しました。その時は、技術者と通訳、そして私の3人で講義内容の打ち合わせをし、現在のメンバーのレベルに合わせた勉強会を開きました。日本語はできないため講義は英語で行われました。 講義内容は、私たちの業務に直結する試験法開発に関するもので、質問に応じてかなり丁寧に答えてくれました。それとは別に、その技術者が分析を行っている現場で毎日分析機器の勉強会も行ってくれていました。

やりがいについて

この4月にチームリーダーに任命されたのと、試験責任者にポジションが変わりました。今まで以上に責任も重くなり、自分の判断で動かなければならなくなりましたし、メンバーよりも先に動かなければなりません。チームとしての業務が円滑に進んだときや、メンバーが成果を挙げてくれたときは達成感があります。
改善効果が大きい分析法を立ち上げて、高山品質管理部の分析業務に貢献できたときにやりがいを感じています。
最近では、今までのやり方では分析にかなり時間を要していたのが、短時間で完了する方法を提案できたときは達成感を感じました。

他部署とのかかわりについて

同じ品質保証部門内ですが、高山工場の品質管理部門とよく連携しています。
先ほど既存の製品の改良業務をやっていると話しました。詳しく説明すると、分析法をより良いものに改良する仕事をしています。高山工場の品質管理部門において、製品の出荷前に出荷試験を行いますが、それを私が所属している部署が技術面でサポートを行います。
例えば、分析時間の短縮、煩雑な手順をやりやすい手順にしたり、手順の簡便化を図って、高山品質管理部門にその手順方法を利用してもったりすることです。
高山品質管理部門とは、距離が離れているため、問題があったときすぐに対面することはではできません。そこで月1回の定期的な電話会議を行い、お互いにコミュニケーションを増やすことや業務フローをお互いの部署間で確認し合ってます。そうすることにより意思疎通は随分と改善され、安定してきています。業務を行う上で、私の部署の役割を常に意識するように心がけています。例えば、業務上一番やりとりの多い高山品質管理部門ですと、私たちが技術的サポートをすることになるので私たちの方が分析法に詳しくなくてはなりませんし、責任を持ってその技術を把握していないといけません。
最終的に私たちのところで用意した分析法を使ってもらうのは高山品質管理部門の方なので、そちらの意見もできるだけ取り入れるようにしています。

1日のスケジュールについて

午前は、チームメンバーとの朝礼、メールチェック、試験をしている社員からの相談、アドバイス、前日の分析結果の照査します。
午後は、計画書準備、報告書・データの照査、資料作成、メールで他部署との調整業務、他部署との会議に参加します。

社員写真

今後の目標について

直近の目標として、私はリーダーになりたてなので、まだまだ足りないところが多いと思っています。周りに見本となる方がいるので、その方から学び、必要なスキルを身に付けて行きたいと思っています。
また、英語を上達させたいと思っています。リーダーになる前よりも英語に触れる機会が多くなりました。上長に英語で週報を提出する機会が多いため、今はライティングの勉強が中心です。
リーダー業務とは別に改善プロジェクトにも関わっています。これは日本だけでなくグローバルにも改善報告をしていますので、このレポートも英語で提出します。
先ほど日本に来ていた技術者の方の話をしましたが、もう少し英語ができるともっと情報が共有できたのにと思いました。今後海外から技術者が来日した際は、もっと積極的に行えるのではないかと思います。
現在の業務試験法の改善は高山品質管理部門に対して行っていますが、まだ一部手さぐり状態です。そこで、私を含めた課員それぞれの能力が高くなれば、対処できる数が増えますし、より良いものを作ることができると思っています。このあたりは各自で勉強し知識を付けること、それが外部セミナーの受講であったり書籍を読んだり、あとは研究開発部門の技術に詳しい社員から教えてもらったりしています。